技術・開発System Development

development.jpg

システム開発 SYSTEM DEVELOPMENT

製造で培った技術に、新たな発想を加え、全く新しい生産システムを創出。
培った製造ノウハウを、新たな製造システムへ。

 

インサート成形システム

プレス加工から射出加工、樹脂成形を一台で自動化。複合インサート成形機PIM

プレス加工とプラスチック成形加工を一体化し、複合インサート成形を実現した「PIM」は、製造技術の結集と、 新しい発想から生まれた画期的システムです。佐藤グループならではのチャレンジスピリッツで、 PIM製造機を1993年に開発・発表。改良を加えながら数多くの工場に導入され、ものづくりの分野に広く貢献しています。

 

PIM   順送金型式部品挿入成形

PIMは、順送の金型を基本に、樹脂成型・後工程も順送金型と一体となっています。 そのため、プレス・射出成形~樹脂成型(インサートモールド)、後加工までもが自動順送でおこなわれます。 また、金型を交換することで、効率よく多品種・小ロット製品の加工に対応できることから、材料コストはもちろん、 ランニングコストも抑える原価低減システムとなっています。

PIM

 

 

製法開発

佐藤グループは、サプライヤーとして大手ベンダーに部品を供給し続けている長年の経験があるからこそ 培われてきた知識があり、新しい発想が育ちます。当グループはそれらを活用し、それぞれに異なる製造現場で生産品目に合わせた製法の コンサルティング・導入改良までをも担当することが可能です。

 

 

製造機開発

SATOグループ開発の機器を単に導入していただくだけではなく、得意としている金型を製造品目に合わせて設計、製作、メンテナンスすることで、 多彩な製品製造の現場で適切に製造することが可能になります。現場のノウハウがあるからこそ実現できる効率の良い製造や、複雑な 金型プレス・射出成形、複合成形にも対応できる機器・金型技術があります。

 

SIMPLE MACHINE   シンプル成形器

時代に合わせて機器も小型化。コンパクトサイズはメリット多数

海外に進出しているSATOグループならではの新発想と挑戦が、シンプル成形器という新しい形を生み出しました。 卓上で使える超コンパクトサイズの成形機。手軽な機器輸送、消費電力の削減、海外人材の活用など、多くのメリットを享受できます。 また、金型を変更することで 多彩な製品製造が可能なため、多品種小ロットが求められる今の製造現場に適合した製造器です。

マイクロ成形器